【デイサービス野尻の家】 10月の昼食ピックアップメニュー その9

みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
本日(11月15日)は、二十四節気の「立冬」で七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと)の次候(2番目の候)です。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていることが多く、楽しい名前が多いので少し紹介させてくださいね。
新暦の11月16日頃までは、立冬の初候「地始凍(ち はじめて こおる)」となります。
寒さで大地が凍りはじめるころ。霜が降り、氷が張り、日ごとに寒さが増し、季節は冬を迎えます。
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューや食材を少しづつご紹介していきたいと思います。
【10月27日】ランチメニュー
・きのこご飯
・あじの香味焼き
・スナップエンドウの塩昆布和え
・人参と平天の金平
・味噌汁
※この日の食事写真はありません。
この日の旬の食材は…
人参と平天の金平に入っている、人参をピックアップしてみましょう~!!
人参といえば、煮物や酢の物などの和食、カレーやシチュー、サラダ…数え切れないほど幅広い料理に利用出来る家庭の常備野菜ともいえるほどの親しみのある野菜のひとつですね。人参には、一般的に多用されているオレンジ色の「西洋種」と金時人参などの赤っぽい人参の「東洋種」があります。今回は、「西洋種」の栄養について書きます。
おもな栄養成分としてはカロチン、ビタミンA、カリウム、食物繊維などが挙げられます。このほかカルシウムや鉄分、リンなども豊富に含まれています。
人参の栄養素といえばカロチンですよね。英語名のキャロットはカロチンに由来していることをご存知でしょうか?「にんじん」にはβ(ベータ)カロチンが特に多く含まれています。このβ(ベータ)カロチンは肺ガンやすい臓ガンなど抑制する効果かあることが分かっています。また、抗酸化作用を発揮して動脈硬化や心筋梗塞の原因となる活性酸素の働きを防いでくれます。そのほか、カロチンは皮にたくさん含まれているので、できれば皮ごと調理したものを食べたいですね。A(アルファ)カロチンも多く、β(ベータ)カロチンと同様、抗ガン作用が期待できます。
ビタミンAは肌の潤いと深い関わりがあります。皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。
カリウムは体の外にナトリウムを出す働きがあり、これによって血圧を下げる酵素が増えます。このため、カリウムを取ると減塩効果も高まって高血圧の予防・改善に役立ちます。
人参にはペクチンという食物繊維が多く含まれています。というわけで、整腸を促し、便秘解消に効果的です。また、大腸ガンの予防にもつながります。
他にもたくさんの豊富な栄養と効能を持つ人参を旬のこの時期に意識してメニューに取り入れていきたいですね!!
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
☆☆☆☆☆
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ
最後までご覧いただきありがとうございますiconN07

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.