みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
11月も下旬になりましたね。
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、みなさまはいかがお過ごしですか?
風邪などひかれないようご自愛くださいませ。
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューを少しづつご紹介していきたいと思います。
【11月26日】ランチメニュー
・牛肉と野菜のオイスターソース
・レタスサラダ
・ごぼうの煮物
・味噌汁
11月26日昼食画像
この日の旬の食材は…
牛肉と野菜のオイスターソースに入っている、エリンギと、ごぼうの煮物のごぼうをピックアップしてみましょう~!!
エリンギの旬は10~12月。まさに今が旬!!
ですが、ほとんどが人工栽培のため実質的な旬はありません。スーパーでも1年を通して手に入りますね。
原産地は地中海地方。日本に入ってきたのは比較的最近ですが、歯ざわりのよさが人気で、急激に普及しました。
食物繊維が多く、腸内をきれいにしてくれる。また、コレステロール値を下げ、体内から塩分を排出するなど、生活習慣病予防にも効果的です。
主にエリンギに含まれているとされる栄養素は、食物繊維、カリウム、ビタミンD、ナイアシンなどと言われています。これらの栄養素にはどのような働きがあるのか見ていきましょう。
食物繊維の主な働きは、便通を良くしたり、腸内の有害物質やコレステロール等の排出を促したりすることだと言われています。
ミネラルの一種であるカリウムは、細胞の代謝、神経や筋肉の興奮・収縮などの働きに関わっているとされています。
ビタミンには水溶性ビタミン(水に溶ける)と、脂溶性ビタミン(水に溶けずあぶらに溶ける)に分けられますが、ビタミンDは後者の脂溶性ビタミンのひとつです。細胞の成長、神経や筋肉の働きの調節、免疫機能の調節などに作用する役割を担うとされ、炎症を縮小させる働きも持つと言われています。
また、カルシウムの吸収を促す働きを持つことから、骨の成長に欠かせない栄養素とも見られています。骨粗しょう症やくる病の予防に役立つと考えられています。
ナイアシンもビタミンの一種で、ビタミンB群に分類されるものです。こちらは水溶性ビタミン(水に溶ける)のひとつです。
糖質や脂質、たんぱく質がエネルギーを生み出す際に働く酵素があるのですが、この酵素の働きを補佐する役割を担うとされています。皮膚や粘膜などの健康を保つ働きも持つと言われています。
このように、栄養たっぷりなエリンギ!
しっかりした歯ごたえとくせのない味から、エリンギはきのこが苦手な人でも比較的食べやすいのではないでしょうか。健康な体を手に入れ、体の中からきれいになるため、日頃の食事にエリンギを取り入れてみましょう。
そしてごぼうの旬は11月から2月の秋~冬です。こちらもまさに今が旬ですね!!
日本には平安時代に中国から伝わったと言われているごぼう。当初は利尿作用や解毒効果がある「薬草」として輸入されましたが、シャキっとした食感と土っぽい香りが日本人の口に合ったのか、江戸時代には各地で栽培されはじめ、汁物や和え物、さらには餅や茶菓子にまで入れてその味を楽しむようになりました。
ごぼうの最大の特徴はなんといっても豊富な食物繊維。その量は野菜の中でもトップクラスで、一般的に便秘解消をはじめ、大腸がん・糖尿病・肥満などの生活習慣病予防や美肌づくりに役立つと言われています。
この冬は、手軽に美味しくごぼうパワーを取り入れて、カラダの中からキレイになりましょう!
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ
最後までご覧いただきありがとうございますiconN07
では、次回のブログもぜひご覧ください~☆

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.