みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
11月も下旬になりましたね。
朝夕はめっきり冷え込んできておりまますが、みなさまはいかがお過ごしですか?
風邪などひかれないようご自愛くださいませ。
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューを少しづつご紹介していきたいと思います。
【11月20日】ランチメニュー
・おにぎり
・天ぷらそば
・さつまいもと大豆の甘煮
・いちごフルーチェ
11月20日昼食画像
この日の旬の食材は…
さつまいもと大豆の甘煮に入っている、さつまいも大豆
をピックアップしてみましょう~!!
さつまいもと言えば、「豊富な食物繊維=便秘解消」とイメージを持たれている方が多いかと思います。私もです。
ところが、さつまいもには他にも私たちが知らない様々な栄養素があるんです。
特に注目の成分が、ヤラピン(切り口から出る白い液体)です。
このヤラピン、唯一さつまいもにしか含まれていなそうです。
ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。
さつまいもが便秘に効果的なのは、食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと言われています。
栄養素でもう一つ注目つべき点は、ビタミンCを多く含むということです。
さつまいものビタミンCはイモ類でトップの含有量です。ビタミンCには抗酸化作用があり、皮膚や血管の老化を防ぐ効果があります。
他にも書けばキリがないほどたくさんの栄養があるんですよ~。
さつまいもの栄養素は皮に多く含まれています。
特にビタミンCやカルシウムは皮に、ヤラピンは皮と実の間に多く含まれます。
さつまいものビタミンCは、デンプンにガードされ熱に強いという特徴があります。
これからの季節、焼き芋やお味噌汁の具など、あったかいお料理にもってこいですね~。
なるべく皮まで食べれる調理法で、無駄なく栄養素を取りこみたいですね。
大豆の旬は朝夕の冷え込みも一段と増す秋が深まる時期、まさに今が旬です!!
大豆にはたんぱく質が約35%、油脂が約20%も含まれています。
大豆たんぱく質のアミノ酸組成はきわめてよく、「畑の肉」といわれており、特に、成長、発育に必要な必須アミノ酸であるリジンが豊富に含まれているのも特色の一つです。
このほかビタミンB1、B2をはじめとする各種のビタミンが含まれています。
脂質はリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸を多く含んでいるうえ、油脂中にレシチンやリパーゼがあるため、コレステロールの血管壁への沈着を防ぎ、動脈硬化や高血圧を予防します。
また食物繊維も豊富で、便通を整える作用もあり、糖尿病や肥満の防止に役立ちます。
大豆に豊富に含まれるサポニンは血中脂質の酸化を防ぎ、イソフラボンは女性ホルモン様作用により、骨粗鬆症の予防や更年期障害を軽減します。
大豆のシンプルな味はさまざまな料理に馴染みやすく、大豆加工品はバリエーション豊富。小さな粒いっぱいに詰まったたくさんの栄養素。ひとことでは語れないほど大豆の魅力は尽きません。
大豆の栄養パワーをもっと取り入れて、私たちの「食」と「健康」をより豊かなものにしていきましょう。
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ
最後までご覧いただきありがとうございますiconN07
では、次回のブログもぜひご覧ください~☆

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.