【デイサービス野尻の家】 11月の昼食ピックアップメニュー その10

みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。

本日(12月8日)は、二十四節気の「大雪」で七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと)の初候(1番目の候)です。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていることが多く、楽しい名前が多いので少し紹介させてくださいね。
新暦の12月11日頃までは、大雪の初候「閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)」となります。
天地の陽気がふさがり、真冬が訪れるころ。重たい灰色の雲におおわれた空は雪曇(ゆきぐもり)と呼ばれます。

デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューや食材を少しづつご紹介していきたいと思います。

【11月24日】ランチメニュー
・野菜の肉巻き
・モロヘイヤと油揚げのさっと煮
・さつまいもの飴煮
・味噌汁

この日の旬の食材は…
さつまいもの飴煮に入っている、さつまいもをピックアップしてみましょう~!!

ホクホクした食感と甘味が特徴的なさつまいも。焼き芋はもちろん、サラダやデザートなど幅広い料理に利用されていますね。
さつまいもには食物繊維に加えて、あまり知られていない栄養と効果をご紹介します。
さつまいもで特に注目の栄養成分が、ヤラピン(切り口から出る白い液体)です。
このヤラピン、唯一さつまいもにしか含まれていなそうです。とても貴重な栄養です。
ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。
さつまいもが便秘に効果的なのは、食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと言われています。
さつまいもの栄養でもう一つ注目すべきは、ビタミンCです。
さつまいものビタミンCはイモ類でトップの含有量です。
しかも、さつまいもに含まれるビタミンCはでんぷんによって熱から保護されているため、加熱調理をしてもその成分が失われにくいという特徴があります。
ビタミンCは白血球の免疫力を高め、かぜにかかりにくくする働きがあります。また、血液中のコレステロールを減少させる効果もあるので、動脈硬化が心配な中高年の人にもお勧めできる食材です。
さつまいもが旬のこの時期にたくさんいただきたい食材ですね。

栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですね<img src="http://shiga-saku.net/img/face/045.gif" alt="kao05" title="kao05">!

 

☆☆☆☆☆

 

デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
<span style="font-size:150%;line-height:150%;">デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
</span>まで、ご連絡ください!!

デイサービス野尻の家 ホームページは<a href="https://towa-care.net/category/ritto/ds-nojiri/" target="_blank">こちら</a>からどうぞ

最後までご覧いただきありがとうございます<img src="http://shiga-saku.net/img/face/059.gif" alt="iconN07" title="iconN07">

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.