【デイサービス野尻の家】 6月の昼食ピックアップメニュー その3

みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
6月に入り、昼間も暑いぐらいの気温になってきましたね!!
そろそろ梅雨入りの時期になってきました。
梅雨時期は、疲れやだるさが出る人もいますので、
無理せずリフレッシュしたり休んだりして元気に夏を迎えましょう!!
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューを少しづつご紹介していきたいと思います。
【6月4日】ランチメニュー
・アジフライ
・パプリカのマリネ
・じゃがいものそぼろ煮
・味噌汁

この日の旬の食材は…
パプリカのマリネに入っている、パプリカをピックアップしてみましょう~!!
パプリカの旬は6~8月。
韓国、オランダなどからの輸入品がほとんどだが、国内でもハウス栽培が行なわれ、通年手に入る。
パプリカはトウガラシ科の野菜(形からも想像できますね!!)だが、甘みがあり、苦みはほとんど感じられない。ピーマンと同様に夏にもっとも栄養価が高くなり、味わいもよい。
ところで、赤、黄、オレンジとパプリカの色は色とりどりですが、それぞれ栄養価が違うことをご存知ですか?今回は、それぞれ栄養価がどのように違うのかご紹介したいと思います。
■赤パプリカ
カプサイシンと呼ばれる赤い色素は、赤唐辛子にも含まれている成分。抗酸化物質で知られているβ-カロテンよりも高い抗酸化作用があると言われています。
身体の中の不要なコレステロールを取り除く働きがあるため、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防効果が期待できます。また、新陳代謝を活発にする作用があるため、冷え性や疲れやすい方の疲労回復にもオススメです。
■黄パプリカ
シミやソバカスを防ぎ、美白へと導く役割を果たすビタミンC、肌の老化を防ぐルテインが豊富に含まれています。
■オレンジパプリカ
抗酸化作用によって老化を防ぎ、生活習慣病の予防に役だつβ-カロテンや、美白効果や免疫力の向上が期待できるビタミンC、「若返りのビタミン」と呼ばれエイジングケア効果があるビタミンEなど、赤と黄色、両方の成分を含んでいます。
パプリカに含まれているビタミンCは、加熱しても壊れにくいという特徴があります。その理由は一緒に含まれているビタミンPがビタミンCを酸化や熱から守る働きがあるからです。また、パプリカに含まれているβ-カロテンは、油と共に調理するとその栄養を効率よく摂ることができるため、オリーブオイルなどの油と一緒に調理するとよいでしょう。ぜひこの機会に、積極的にパプリカを取り入れてみてはいかがでしょうか。
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
☆☆☆☆☆
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ
最後までご覧いただきありがとうございますiconN07
では、次回のブログもぜひご覧ください~☆

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.