【デイサービス野尻の家】 9月の昼食ピックアップメニュー その8

みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
本日(11月2日)は、二十四節気の「霜降」で七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと)の末候(3番目の候)の始まりです。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていることが多く、楽しい名前が多いので少し紹介させてくださいね。
新暦の11月6日頃までは、霜降の末候「楓蔦黄(もみじ つた きばむ)」となります。
紅葉(もみじ)や蔦が色づくころ。「もみじ」は 草木の葉の色が揉み出されてくるという意味の「揉み出(もみず)」が「紅葉つ・黄葉つ(もみつ)」と変化していったものともいわれます。
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューや食材を少しづつご紹介していきたいと思います。
【9月21日】ランチメニュー
・ホイコーロー
・豆苗としらすのお浸し
・チンゲン菜としいたけのミルク煮
・フルーツ
※この日は昼食画像がありません。ごめんなさい。
この日の旬の食材は…
チンゲン菜としいたけのミルク煮に入っている、チンゲン菜をピックアップしてみましょう~!!
チンゲン菜は中国原産の緑黄色野菜で、ハウス栽培のものが一年中よく出回っていますが、路地物は秋から冬にかけてが旬だと言われています。
チンゲン菜はカボチャやほうれん草、ニンジンなどと同じ緑黄色野菜の1つです。
チンゲン菜に含有されている栄養成分で特に注目したいのがβカロテンです。
チンゲン菜に含まれるβカロテンは、なんとピーマンのおよそ6倍であり、抗ガン作用及び免疫機能を活発にさせる効果があります。他にも視力維持や呼吸器官を保護する役割なども担っています。
他にも美容と健康に絶大な効果を発揮するビタミンCやE、鉄分にカルシウム、葉酸などがたっぷり含まれています。
優れた効果や効能を有するチンゲン菜のパワーを最大限引き出すための調理法は「炒め物」です。
チンゲン菜は油との相性が良く、炒めものにして召し上がるのが良いでしょう。
さらに豚肉や鶏肉などのタンパク質と共に摂取されることでチンゲン菜の栄養成分の吸収率をアップさせることが出来ます。
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
☆☆☆☆☆
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!

最後までご覧いただきありがとうございますiconN07

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.