【デイサービス野尻の家】 9月の昼食ピックアップメニュー その7

みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。
本日(10月28日)は、二十四節気の「霜降」で七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと)の次候(2番目の候)にあたります。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっていることが多く、楽しい名前が多いので少し紹介させてくださいね。
新暦の11月1日頃までは、霜降の次候「霎時施(こさめときどきふる)」となります。
時雨が降るようになるころ。ふいに強い雨が降りかかり、見る間に去っては青空が広がる時雨は、晩秋から、初冬にかけての空模様。
その年の秋の初時雨は、野山の生き物も人々もそろそろ冬支度を始める合図です。
デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューや食材を少しづつご紹介していきたいと思います。
【9月13日】ランチメニュー
・ハンバーグ
・サニーレタスのサラダ
・さつまいもの甘煮
・生姜スープ
20170913昼
この日の旬の食材は…
さつまいもの甘煮に入っている、さつまいもをピックアップしてみましょう~!!
ホクホクした食感と甘味が特徴的なさつまいも。焼き芋はもちろん、サラダやデザートなど幅広い料理に利用されていますね。
さつまいもと言えば、食物繊維というイメージがあるかと思いますが、食物繊維以外にも、優れた栄養が豊富に含まれていまるんですよ。
さつまいもで特に注目の栄養成分が、ヤラピン(切り口から出る白い液体)です。
このヤラピン、唯一さつまいもにしか含まれていない貴重な栄養成分なんです。
ヤラピンは腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進し、便をやわらかくする効果(緩下作用)があります。さつまいもが便秘に効果的なのは、食物繊維とヤラピンの相乗効果が大きいと言われています。
さつまいもの栄養でもう一つ注目すべきは、ビタミンCです。
さつまいものビタミンCはイモ類でトップの含有量なんです!!ちょっと驚きですね…。
ビタミンCは抗酸化作用を持つ栄養で、皮膚や血管の老化を防ぐ効果があります。
さつまいもは実にも豊富な栄養が含まれていますが、栄養の多くは皮、または実と皮の間に多く含まれています。
特に、ビタミンCやカルシウムといった栄養は皮に、ヤラピンは皮と実の間に多く含まれます。
なるべく皮まで食べれる調理法で、無駄なく栄養を取り込むことを意識したいですね。
栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですねkao05
☆☆☆☆☆
デイサービス野尻の家では、随時、案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ
最後までご覧いただきありがとうございますiconN07

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.