みなさまこんにちは!
滋賀県栗東市野尻にあります「デイサービス野尻の家」です。

9月に入り急に風が涼しくなりましたね。

二十四節気では「処暑」にあたります。処暑とは、暑さが少しやわらぐころのことで、これぐらいから朝の風や夜の虫の声に秋の気配が漂いだすころです。

デイサービス野尻の家でも、季節を感じる昼食メニューを提供しております。
そんな季節の旬を感じるメニューや食材を少しづつご紹介していきたいと思います。

【8月8日】ランチメニュー

・さばの味噌煮

・モロヘイヤの辛子醤油和え

・茄子の揚げ浸し

・すまし汁

※この日は食事写真がありません。

この日の旬の食材は…
モロヘイヤの辛子醤油和えに入っている、モロヘイヤをピックアップしてみましょう~!!

モロヘイヤは暑い地域が原産の草木になります。国内では夏が成長期で収穫の時期でもあります。旬が6月頃~9月頃で、これはホウレン草や小松菜などの青菜類が不足しがちな時期になります。
モロヘイヤが野菜の王様と呼ばれる理由の1つに、栄養素の高さがあげられます。日本食品標準成分表によると、カルシウム、カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、食物繊維のそれぞれの値が非常に高いです。モロヘイヤにはカルシウムの他、ビタミンKが100g中640μgと豊富に含まれています。ビタミンKには、血管内の凝固を防ぐ役割の他、カルシウムが骨に沈着する際に役立つので、丈夫な骨作りにも欠かせない栄養素です。カルシウムとビタミンKを共に含んでいるモロヘイヤは、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防にも効果があるといわれています。また、アンチエイジング対策で知られる抗酸化成分のポリフェノールも多く含むため、美容食材としても注目されています。
モロヘイヤの葉には、独特のぬめりがあり和食の食材との相性も抜群です。葉は20秒ほどゆでれば火が通るので、おひたしやお味噌汁はもちろん、野菜炒めやサラダなど、さまざまな調理に向いていますので、色んな料理に足してみてはどうでしょうか??

栄養の面ひとつ考えても、野菜や魚など、食べ物の旬には理由があるんですね。厳しい自然の中で育ってきた栄養満点の旬の食材を、毎日の食事で美味しく頂き、健康で気持ちの良い季節を過ごしたいですね

☆☆☆☆☆

デイサービス野尻の家では、随時、ご案内や1日体験(昼食代600円のみご負担ください)も行っております。
ご質問なども、お気軽に
デイサービス野尻の家 TEL:077-551-2105
まで、ご連絡ください!!
デイサービス野尻の家 ホームページはこちらからどうぞ

最後までご覧いただきありがとうございます

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.