よし笛コンサート(大宝かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ
毎月入居者様ご家族様や地域の方々にお配りしている
「大宝かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。



2017年7月 第34号

よし笛コンサート


 6月11日日曜日、しゃべり場カフェの日に山科よし笛の演奏グループの3名が来られました。
まずは「アメージンググレイス」とチャップリンの映画「ライムライト」より「エターナリー」を披露していただきました。
よし笛は、琵琶湖などの水辺に生息している背の高い植物「葦(ヨシ・アシ)」に竹製のマウスピースを付けた縦笛です。音色は南米のケーナや邦楽のシチリキなどのように高音の素朴な音色がします。緩やかなメロディーがリビングルームに癒しの空気を醸し出してくれました。

このあとは、みんなで歌いましょうコーナー。
梅雨の時期らしく「あめふり」「茶摘み」などの唱歌や「リンゴの唄」「東京バスガール」などの懐かしの歌謡曲を歌詞カード片手にみんな元気に歌いました。
コンサートの後はカフェタイムです。

今回はカステラとマフィンの2種類から選んでもらう趣向にしました。
どちらもおいしそう、参加者の皆さんはどれにしようか、あれこれ迷いながらお好みのお菓子を選んでおられました。
Yさんの書画集から

 入居者Yさんの今月の書画は「ホタルブクロ」を描いた一枚です。初夏に咲くこの花は、子ども達がこの花の中に蛍を入れて遊んだことに由来するという説や提灯の古名「火垂る袋」が転じた名前、など諸説があるそうです。
いずれにしても幽かな光が似合いそうなお花ですね。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.