こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ
毎月入居者様ご家族様や地域の方々にお配りしている
「大宝かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

2017年8月 第35号

コラボ演奏会
 7月23日の日曜日、しゃべり場カフェの日にスチールドラム演奏のTさんとギターのコラボ演奏会が開催されました。

以前から、しゃべり場カフェでボランティアとして参加された方のご主人がスチールドラムをやっておられるとのことで来ていただくことになりました。一緒にSさんと中学生のお孫さんがギター演奏をしていただきました。
スチールドラムはカリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された、ドラム缶から作られた音階のある打楽器で独特の心地よい音色がします。滋賀県での演奏者はTさん一人だそうです。

ふるさとやバラが咲いた、夏の思い出、浜辺の歌など懐メロや唱歌をやさしいアレンジで聴かせてくださいました。

参加者の皆さんも歌ったり、終演後には昔演奏していたという入居者さんがギターをつま弾いたり、カフェのお手伝いに来てくれた小学生達が演奏体験したりして音楽を楽しむことができました。

ノルディックウォーク体験
ノルディックウォークの体験会を7月30日に開催しました、これは、ヨーロッパは北欧フィンランドにおいてスタートした2本のポールを使ったウォーキングです。
地域の方々にご案内させて頂いたところ、定員いっぱいのお申し込みを頂きました。当日は全日本ノルディックウォーク連盟のTさ
んに、ご指導をいただきました。

ここで使うポールはスキーのストックのようですが、地面に突く部分にゴムが付いています。

まずこのポールを持ってストレッチなどの準備運動をしたのちポールを突いてのウォーキング方法を教えていただきました。

両手にポールを持って歩くので、左右の手を使い、衰えを予防できる。また、4本の足で歩いているのと同じなので、足への負担、片手のみへの負担が減る。ラクに歩ける。ポールを持って歩くため、歩いている途中でも姿勢が悪くならない。などの効果があるそうです。車椅子に乗っていた人にポールを渡してみると「これあるなら車椅子いらんがな!!」と、車椅子に乗らなくなったというエピソードも聞かせて頂きました。

今回、入居者さんのYさんも参加されました。普段から百歳体操やお散歩等で身体を動かされているので、無理をせず、自分のできる範囲でみんなと一緒に楽しく参加されていました。
ノルディックウォークは今後季節ごとに4回目まで実施する予定です。栗東市内で秋・冬・春に実施予定で、日程、場所などは現在調整中、決まり次第お知らせします。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.