民謡&バンドコンサート(栗東かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ

毎月入居者様ご家族様や地域の皆さんにお配りしている
「栗東かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

かわら版ブログトップ

2018年8月 第28号

民謡 西藤会さん

6月16日、54年の歴史のある民謡会「西藤会」の皆さんが来てくださいました。

コンクールで1位など優秀な成績を収めておられる実力者グループで、各地でライブ活動やボランティア活動をされているそうです。

 

 三味線の伴奏で最初は滋賀県の民謡を、「近江堅田節」から、甲賀市の「水りょう節」は『佐治の小佐治の桝形池は、あほらしーやおまへんか、これーさ出ず入らず、とこやっしょこ、すいりょ、すいりょ』という歌詞で、調べたら雨乞いと関わりのある歌だそうです。

他にも土山や琵琶湖の風景を歌った曲など、滋賀に住んで居ながら初めて聞く曲ばかりでした。

 続いて、全国の民謡から、「秋田おばこ」、「よさこいなると踊り」(『ぼんさんかんざし買うを見た~』の歌詞は、ペギー葉山の「南国土佐を後にして」で知られています。)、「おてもやん」などを、こちらの方が耳になじんでいる曲多いですね。参加者の皆さんもよくご存じで、一緒に歌っておられました。

最後は皆で歌いましょうということで、「斉太郎節」や「琵琶湖周航の歌」の他に、オリジナルの廣瀬吉彦さん作詞作曲の「湖南音頭」を、歌詞を見ながら歌いました、『ハアーあやめ浜からマイアミに』と始まり、歌は立木観音を通り金勝山、三上山を巡っていました。皆さん初めてでしたがわかりやすい歌詞とリズムですぐになじんでおられました。

♪オンタイム♪さん

6月21日、滋賀県下で活躍されている音楽バンド♪オンタイム♪さんが来てくださいました。

草津や近江八幡で定例の「歌声サロン」や大ホールでのコンサートを開催されている実力派グループです。

縁あってシルバーハウス栗東で「出張歌声サロン」を開いてくださいました。

 

 大人数のグループですが今回は、ボーカル、フルート、マンドリン、エレキギター・カホンの5名の方にお越しいただきました。
ご挨拶のあと、スクリーンに映し出された歌詞を見ながら「月の砂漠」「雨降りお月さん」「浜千鳥」を皆で歌いました。

途中、カホンという箱型の楽器の紹介があり、四角い箱のようなものがドラムのような音を出すのに皆さん興味津々でした。

「あざみの歌」では、よく知っているという入居者の方一人がマイクを持って楽しそうに歌われているのが印象的でした、唱歌の他にも「青い山脈」などの流行歌を演奏していただき、みんなで合唱して楽しいひと時を過ごしました。

西藤会さん、 ♪オンタイム♪さんありがとうございました。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2018 All Rights Reserved.