理学療法士による リハビリセミナー(大宝かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ
毎月入居者様ご家族様などにお配りしている「大宝かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

2016年5月 第20号
理学療法士による
リハビリセミナー

 3月31日木曜日、理学療法士によるリハビリ体感セミナーが行われ、
利用者さんや地域の方々など22名がご参加くださいました。
理学療法士とは、日常生活の座る・立つ・歩くなどの基本動作をより良くしていくお仕事です。
今回は理学療法士の利倉悠介(りくらゆうすけ)先生が来て下さり、
実際に病院でも行われている身体チェックを始め、道具を使いながらストレッチやトレーニング、
正しい立ち方などの動き方を教えていただきました。

利倉先生は
「年齢を重ねるにつれてバランス力や筋力が衰えることにより、
骨折したり、関節を悪くする方が増えます。そのような方を減らし、
音楽やスポーツ、旅行などやりたい事ができる身体づくりをしていただきたい」
と話されていました。
セミナーでは、参加者それぞれの身体に合った
動きでトレーニングができたので、
ご参加いただいたすべての方から大好評!
そして、今回のセミナーの反響が良かったため、
5月から『月に2回、理学療法士が来ます!』という企画で
リハビリ訓練を行う事になりました。
このような場を通して、楽しい日々を送っていただくきっかけになればと思っています。
弾き語りギターコンサート


4月18日月曜日、「栗東ふぁーざーず」さん
によるギターの弾き語り公演が行われました。
「春の小川」や「北国の春」、「青い山脈」など春を感じる歌や昔の歌など
、計7曲を演奏いただきました。
栗東ふぁーざーずさんとの事前打ち合わせにて、
今回のイベントを利用者さんに楽しんでもらえるように、
全員分の歌詞カードを配布していただいたこともあって、
会場はすぐに一体感がうまれました。

ギターの弾き語りだけでなく、
トークや紙芝居・手品を交えながらの公演で、盛りだくさんの1時間。

予定より早く終わってしまいましたが、「10分余ってるから、まだ歌える!」と
参加者さんからお声をいただき、歌詞カードがなくてもみんなが知っている曲で
最後までみんなで歌って楽しんでいただくことができました。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.