男声合唱団まほろばさん来演(栗東かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ

毎月入居者様ご家族様や地域の皆さんにお配りしている
「栗東かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

栗東かわら版

栗東かわら版

2018年3月 第24号

男声合唱団まほろばさん来演

まほろばさん

2月28日、「まほろば」さんが来てくださいました。皆さんは、老人介護施設や病院等を巡回してコンサートを開かれている、実力派男声合唱団で、今回は総勢26人の皆さんです。ポスターで告知した時から皆さん興味津々で楽しみにされていました。
 コンサートは冬にまつわる曲から始まり、続いてピアノ伴奏なしのアカペラで「誰か故郷を思わざる」「水色のワルツ」とテノール・バリトン・バスの重厚なハーモニーで叙情豊かに響いていきます。
中盤では、まほろばの皆さんが客席に入り、指揮者のもと観客とともに「北国の春」の大合唱です。

みんなで北国の春

なじみ深いヒット曲だけに皆さん大きな声で歌っておられて、合唱団の方に「上手ですね」と言われている方もおられました。

 

 後半は、アリスの名曲「帰らざる日々」などの叙情的な歌を3曲しっとり聞かせて頂きました。

おもむろに全員回れ右して何かの準備をされています、振り返ったら皆さんカエルになっておられました。コーラスグループのデューク・エイセスでおなじみの「筑波山麓合唱団」、ではなく「比叡山麓合唱団」のカエルたちです。観客は思わず笑い声をあげています。

♪バリトンは殿様蛙 ゲーゲーケロケロ~♪歌に合わせてコミカルなダンスです。

比叡山麓合唱団

 再び気分を変えて歌謡曲の「秋桜」「また逢う日まで」、最後は昭和56年公開「連合艦隊」の主題歌「群青」これは、太平洋戦争中艦と共に沈んで命を落とした兵達への追悼を歌った曲です。
これも力ある歌声で感動的に歌って頂きました。

歌に引き込まれて

最初は何となく聴いていた方もいらっしゃいましたが、聴いているうちに前のめりになるほど歌の世界に没頭して、足で拍子とったりと、歌の世界を楽しまれていました。

アンコールではビリーバンバン、のちに坂本冬美が歌ってヒットした「また君に恋してる」で終演となりました。

皆さん、大きな拍手をされていて、涙ぐまれている方もおられました。
まほろばさん、ありがとうございました。

男声合唱団「まほろば」さんは、今年7月21日(土)に草津クレアホールでのコンサートも予定されているそうです。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2018 All Rights Reserved.