第1回運営推進会議(栗東かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ


毎月入居者様ご家族様などにお配りしている
「栗東かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

かわら版ブログトップ 

2016年11月 第8号

より良いシルバーハウス栗東にするために
 
10月11日、シルバーハウス栗東の第一回運営推進会議を開催。

会議には地域包括支援センターの方・自治会長・民生委員・入居者ご家族さんにお集まり頂きました。併せて東和ケアスタッフも参加いたしました。
会議の目的は、

①入居者・ご家族・地域に開かれた事業所を目指すため(運営の透明性)
②サービスの質・暮らしの質を高めるため(質の向上)
③地域の皆様や行政・他事業所の方々と顔の見える関係作りのため(連携強化)
④介護の相談拠点としての役割を担っていくため(地域包括ケアの実現)
⑤事業所全体や職員一人一人のスキルアップのため(事業所の成長)の5つです。
会議の内容は入居者状況や運営状況についてでした。シルバーハウス栗東では季節の行事として納涼祭を開催したり、地域の方が主となり百歳体操(毎週火曜日)を実施するなど、地域の方と協力して様々なことを行なっています。また、最近テレビで耳にすることが多くなった『高齢者の災害』については、貯水タンクの設置や火災訓練を半年に一度行い高齢者の災害を最小限にできるような対策をしています。
最後の意見交換の場では「看護師や介護士など、専門職の人がいるので地域の方が気軽に立ち寄って交流できる拠点となればいいなと思う」、「百歳体操ではシルバーハウスに入居されている方と交流が出来るので、少しずつ打ち解けていけたらと思う」、「防災面で何かあったときはシルバーハウス栗東と地域がお互いに協力していきたいと思う」と様々なあたたかいご意見を頂きました。
今回の会議は第一回目だったため、開所から半年間の入居者状況や運営状況についてでしたが、今後は入居されている方の事例をご紹介するなど、より分かりやすく運営状況をお伝えしていきたいと思っています。
運営推進会議は年に2回実施していきます。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.