節分に鬼が来た!(大宝かわら版)

こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ
毎月入居者様ご家族様などにお配りしている「大宝かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

2016年3月 第18号

節分に鬼が来た!

2月3日、節分イベント!入居者さんたちとリビングに集まり豆まきをしました。

はじめに豆をお配りし、一年の厄をはらうという意味も込め、豆まきをスタート!
「鬼は外~!福は内~!」という掛け声とともにたくさんの豆が鬼めがけて投げられました。

たくさんの入居者さんが参加いただき、とてもにぎやかな豆まきになりました。
ご希望の方には鬼退治用のものとは別に、食べる用の豆をご用意しました。
その後の昼食では、節分に食べると縁起が良いとされている恵方巻きが登場。

恵方巻きを丸かぶりする習慣は、元々は大阪が発祥のようですが、最近では全国で節分の日になるとスーパーやコンビニで恵方巻きが売られるようになりました。また、巻きずしに限らず、『恵方巻きロールケーキ』など、スイーツも定番になってきましたね。
恵方巻きの具材は各ご家庭や地方によって様々だと思いますが、シルバーハウス大宝の恵方巻きは、卵焼き・きゅうり・しいたけ・カニカマの4種類です。栄養面はもちろん、色のバランスも考え、目でも楽しんでいただけるようにと工夫しました。一本そのままだと食べにくいので普通に切り分けて食べていただきました。
日本の2月行事である節分を通して、春に向かう季節の移り変わりを楽しんでいただけたでしょうか。
これからも季節に沿った催し物を行ない、利用者さんに四季の変化を感じていただきたいと思っています。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.