こんにちは!企画課のAKA45です。カメラ
毎月入居者様ご家族様などにお配りしている「大宝かわらばん」を一部をブログに再編集してお届けします。

2016年6月 第21号
脳の健康教室 講演会
5月23日、学習療法センターの桧山さんにお越しいただき、脳の健康教室についてお話しいただきました。

この教室では、週に1回「読み書き」「計算」の簡単な問題を解いていただきます。
なぜなら簡単な問題を声に出したりテンポよく解くことは、複雑な問題を解いているときよりも脳が良く働き、様々な脳の機能が良くなるということが研究でわかってきているからだそうです。
シルバーハウス大宝では、7月から栗東市で初の教室を開こうと思っています。
認知症の予防・改善だけでなく、地域の方々とコミュニケーションをとっていただける場所にし、地域を変えていけるような取り組みになればと思っています。

第4回運営推進会議

5月30日、第4回運営推進会議を開催しました。

今回は同時に東和デイサービス大宝の家の第1回運営推進会議も行いました。
今回の会議には入居者ご家族さんをはじめ、栗東市議会議員、栗東市地域包括支援センターの方、自治会副会長、民生委員、老人クラブ会長、大宝幼稚園の園長、地域のボランティアの方々にお集まりいただきました。
併せて東和ケアスタッフも参加いたしました。
さて、今回の会議は、運営状況について、事例発表、アンケート調査の結果について、意見交換という内容で進めていきました。
シルバーハウス大宝では毎月欠かさず季節のイベントを行なっています。
昨年10月から11月に行われた文化祭では、入居者さんも実行委員の一員として、展示物を自主製作していただきました。
また、老化予防の取り組みとして脳の健康教室やリハビリ体感セミナーなども始めたことを状況報告しました。
最後の意見交換の場では、「百歳体操やリハビリ体感セミナーなどをこちらのシルバーハウスで行われており、その場所の提供をしてもらっていることがありがたい」とのお声をご出席者からいただきました。これからも地域との交流の場を整え、入居者さんや地域の方々が暮らしやすい環境にしていきたいと思っています。
お忙しい中運営推進会議にご出席いただいた皆様、ありがとうございました。

Copyright© 株式会社 東和ケア , 2017 All Rights Reserved.